KOSO RX2N+LCDマルチメーターの取付【作業編】

  2020/06/05  電装系 閲覧時間: 約 5分1秒   1 シェア

前回の確認編から引き続き、KOSOのRX2N+LCDマルチメーターを取り付ける作業をします。

 

 

工具と部材

作業にあたって必要になる工具や部材を挙げておきます。参考まで。

・圧着ペンチ

これひとつでほとんどの電工関連のコード処理ができます。

 

・カプラー用端子セット

端子規格110型と呼ばれる端子のオスが最低9個は必要です。

 

・ヒューズホルダー

下に挙げる5Aのヒューズを使うためのホルダー付きのコードです。

 

・ヒューズ

 

・シールテープ

新しく取り付ける水温センサーのネジに巻き付けて水漏れを防止します。ちなみに、交換前の水温センサーは液体ガスケットが使用されていました。緩めるとき最初ちょっとトルクが必要です。

 

・温度センサーアダプター

ちょっと長いので削り調整が必要です。

 

 

配線図

やはり、まずは配線から確定したいところですので、既存のサブメーターのカプラとの接続を下図のようにまとめました。

これを参考にサブメーター側(オス)の赤カプラ、白カプラのそれぞれのコードに、RX2Nのコードを差し込んで圧着しなおします。

ガソリンセンサー(green)とEGチェックランプ(purple)は使用しません。

「RPMコードのアース(GND)について」

製品にはRPMコードAタイプとBタイプの2つが付属されていますが、Aタイプを使用して既存のパルス信号線に噛まします。Aタイプは信号線とアース線の2つに分かれていますが、アースはしっかりと接続する必要があります。ノイズを拾わないようなるべくバッテリーに近いところでアース接続しましたが、どこでアースするのがベストなのかはよくわかっていません。

 

 

カプラー端子の圧着作業

端子の圧着が必要なのは赤カプラ4本、白カプラ4本の計8本です。

そのうちRX2Nの茶コードを、白カプラの茶コードに差し込んで再圧着する様子は以下のとおりです。

①サブメータのハーネスから出ている白カプラ(爪のあるオスカプラのほう)からオス端子を引き抜きます。抜くときは細長いもので端子のツメを押しながら引き抜きます(画像は赤カプラ)。

②引き抜いた端子を、できるだけコードを長く残すように切り落とします。

③被覆を剥きます。

④RX2N側の茶コードの心線とより合わせます。

⑤カプラー用端子オスに圧着します。

⑥カプラに差し戻して完了です。

 

 

常時電源取出

上画像にある3芯カプラのオス側の赤いコードを、前出のカプラ端子圧着の要領で作業し、常時電源を取り出します。

取り出したコードには念のため、ヒューズホルダーを使って5Aのヒューズを取り付けました。

 

 

水温センサー取付

付属の温度センサーPT1/8(2個付属のどちらでもOK)にシールテープを巻きつけます。

ねじ込むときに緩まない向きに2~3周巻きます。

既存の温度センサーを取り外す際、アルミブロック内のクーラントを抜いておく必要があります。上側のキャップを外して、下側のホースを外すとアルミブロック中のクーラントだけ抜けるのですが、今回はクーラント全量を抜いて交換しました。

新しい温度センサーをねじ込んで、RX2Nからの温度センサーコードを接続して完了です。

 

 

油温センサー取付

取付場所はここ。

確認編でも触れましたが、このM20のボルトを抜いて、温度センサー取付用のアダプターを取り付けます。

ボルトを抜くとき、V-maxをサイドスタンドで立てて左側に傾けると、エンジンオイルが少し出てくるだけで済みます。念のため、傾斜のあるところでサイドを立てて、いつもより傾きが大きくなるようにしてから、オイル受けとウエスを準備して作業しました。

これがちょっと長くてエンジン側にあたってしまうので、ネジ部分の先っちょを2~3mmほど削りました。アルミで柔らかく、グラインダを使うとすぐに削れます。

アダプターを取り付けたら温度センサーをねじ込み、RX2Nからの温度センサーコードを接続して完了です。油温センサーの場合シールテープは必要ありません。

(アダプターは23N.mで締め付けました)

 

 

スピードセンサー取付

説明書通り(Sタイプのほう)で問題なく取付完了。

 

 

メーター本体取付

RX2Nに付属のメーターステーのボルト穴を内側に2mmほど広げて取り付けます。電動ドリルでグリグリと、ちょっとずつ削って調整しました。

↑ついでにヤフオクでポチったメータバイザーも取り付けました。

 

 

取付作業はこれで完了です。

次回、RX2Nの設定をして、実際に使えるようにします。