KOSO RX2N+LCDマルチメーターの取付【設定編】

  2020/06/05  電装系 閲覧時間: 約 1分56秒  

 

前回の作業編でKOSOのRX2N+LCDマルチメーターの取り付けをしました。

今回は実際に使用するための設定を行いますが、RX2Nはちょっとお高いだけあって設定できる内容も細やかです。

以下、おもな設定についてのみ記載します。他項目も必要と環境に応じて設定してください。

 

(a6-1)タイヤ外周長の設定

タイヤは標準のブリジストン、EXEDRA MAX G525/G526で、残り4分山弱といったところです。タイヤと地面に印をつけて実際に1周まわしてメジャースケールで測ってみると、だいたい2030mm(前輪)かなと。とりあえず設定しておきます。

 

 

(a6-2)速度ポイント数の設定

前輪ホイール1回転あたりのポイント数を設定します。

ポイント数とは、ブレーキディスクの固定ボルトが1周あたり何個あるか、という数を磁気で読み取ります。V-max標準のブレーキディスクの場合、固定ボルトはすべてスチールで読み取れ、1周あたり6個の設定で問題ありません。

 

 

(a7-1)タコメーターパルス数の設定

クランクシャフト1回転あたりのパルス数を入力します。

説明欄にもある「多くの4サイクル4気筒車の設定は”1”です。」に従い、設定値を「1」にします。

 

 

(a7-2)タコメーターパルス電圧の設定

読み込むパルスの電圧種類を選択します。

デフォルトで「Hi act(プラス電源)」になっていると思いますが、そのまま設定値を「Hi Act」にしておきます。

 

 

(a13)セレクトオドメーターの設定(変更不可)

いわゆる通常のオドメーターのこと。(a12)と違って、最初だけ任意で数値設定できます。

その最初というのが、メーター設置&実走行3kmまでとか、30kmまでとか、どこかの情報で見たような気がするのですが・・・取説には具体的な記述を見つけられませんでした。

そのあたりよくわかってないので、メーターケーブル取り付ける直前に設定しておきました。