鍋・フライパンをリセットした

  2020/06/05  料理 閲覧時間: 約 0分48秒  

中華鍋と鉄フライパンをリセットしました。

使い始めて4年ほど、焦げ付きもなくなんら問題なく使ってましたが、なんとなくリセットしてみました!

まずは表面についた油や汚れなどを落とすのですが、金タワシやスチールウールでやると結構大変なので、サンダーというDIY用に購入した機器で磨きました。サンドペーパーを巻きつけて振動で研磨する道具です。

2016-06-04 15.40.58

うっひょ!楽チン!

古い油やらが固まった表面がサクサク削れます。さすがに中華鍋は丸みがあってきれいには出来ないのですが、それでも外側はあらかたきれいに磨けます。

最初は#120の粗さで削り、次に#400で磨き、丸みがあって届かない部分は手動で磨きあげました。

これで余分な油や汚れが取れたら空焼きします。

空焼き後に油を塗りたくってしばらく放置して終了です。こんな感じになりました。手前が山田工業所の中華鍋30cm、奥がブルーコート?仕様の鉄フライパン28cmです。

中華鍋と鉄フライパンのリセット

リセット後の使い始めはしばらく油を気持多めに入れて使います。

普段から油返しなども律儀にやってるのでリセット必要なかったかも?ですが、気分的に気持がいいのでこれで良しとします。